読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白河ま日記(仮)

あたまわるいぶんしょうかくよ

2008年11月24日『大胆』

日記

今日は車のバッテリーが上がるのを防止する目的も含めて、車で出かけました。

帰り道。 住宅街の中をゆっくり走らせます。 杖をついて歩く老婦人の横を徐行して通り過ぎ、ゆっくり加速しようとすると、その婦人が手招きを!? 車を止めて窓をあけて振り返ると、明らかに私に対して何かを訴えかけようとしています。
「やべ、何かしでかしちゃったかな?」
と思っていると、追いついた彼女はこう言うのです。
「○○の方へ行きますか?行くなら乗せてもらえませんか?」
私がなにかやっちゃったわけではないことに安堵しつつ、快諾いたしました。 助手席に慣れた様子で座る彼女は、いつもは息子さんに送ってもらうけど今日はいなくて、など話しかけてきます。 彼女の道案内は的確でスムーズに目的地にたどり着き、彼女はお礼を言って降りていきました。

よー知らん人の車に乗れるなぁ。 世の中に人情が残っていることを信じているのかなぁ。



本日より、ここ「はてなダイアリー」を試用ではなく本稼働とする。